家づくりの記録
 
casaT
 
 
 

宮崎市

2022完成予定

 

2022.7.6.wed

基礎完了後、構造材の入荷とともに「casaT」の番付けを行いました。
真壁造りとなるフォレストの家。
『番付け』とは柱・梁などの構造材一本一本の四面を見極め建物内部へと配置していく作業です。
 

 
「casaT」の空間をイメージしながらどこにどの面を使用するか。。。
集中力と根気が試されます。。。
時間をかけじっくりと選定された木材はプレカット工場で加工され建て方当日お披露目となります!
磨かれた木材との再会を楽しみに建て方へ向けての準備がつづきます。
 

 
そして現場では土台敷きの工程へと進みました。
完成したての基礎と土台がアンカーボルトでしっかりと固定されていきます。
 

 
ホールダウンパイプの設置。
建て方時には基礎と通し柱もガッチリと緊結される重要な金物も設置完了です。
 

 
土台が組みあがると碁盤目状に大引きが組まれます。
この段階で床下の清掃も入念に行い次の工程へと進みます。
 

 
碁盤目状の間に隙間なく断熱材を設置。
 

 
その上に床パネルを敷き込み規定の釘ピッチでしっかりと固定。
ここで土台敷きの工程が完了となります。
 

 
最後に雨対策に粘着性のある防水シートを張り雨水の侵入と汚れから守ります。
隙間のないよう丁寧かつ念入りに張りめぐらせます。
 

 
さらに厚手のブルーシートで2重のラッピング。
これで雨に降られても安心です!
 

 
このあと、構造材搬入・仮設の足場組を迎え万全な体制で建て方へ!
着工から順調に進んできた「casaT」の現場。
いよいよ来週、待ちに待った建て方工事を向かえます!
 
koyamada

2022.7.1fri

全ての準備が整い「casaT」の現場がいよいよ始動しました!
まずは建物の配置を入念に確認し設定したGLを基準に鋤取りから開始していきます。
 

 
手際のよい重機作業で建物の配置が徐々に浮き彫りとなってきました。
 

 
鋤取り後は砕石を敷き均し~転圧・防湿シートを張ります。
 

 
続いて重要な工程となる配筋作業へと進みます。
熟練の職人さんによって変則的な角度の納まりもバッチリ決まっています(^^
 

 
配筋後には第三者機関の配筋検査を受けます。
鉄筋径・配筋ピッチ・かぶり厚・継ぎ手長さなど設計通りに施工が行われているかの大事な検査となります。
 

 
検査は問題なく適合判定をいただき、底盤のコンクリート打設へと進みます。 コンクリート工事は底盤、立ち上がり、デッキ・玄関土間の3回に分けて行います。
 

 
二回目の立ち上がりのコンクリート打設。
クレーン操縦で的確な位置へとバケットを移動し型枠の中へとコンクリートを流し込んでいきます。
息の合った連携作業でスムーズに工事が進みます。
 

 
3回目のコンクリート打設も行い十分な養生期間を経て型枠解体。
「casaT」の白く強固な基礎の完成です!
 

 
現場はこのあと番付け・土台敷へと進みます!
 
koyamada

2022.6.16thu

地鎮祭を終えた現場では、基礎工事の準備に取り掛かります。
 

 
まずは、地盤調査です!
これから建つお家の荷重に耐えられる地盤なのか...高精度な機器を使用し 細かくデータを取っていきます。
 

地盤調査のプロがこの赤いマシーン操りながら、荷重のかかるポイントを 数メートル、時には数十メートル下まで深く掘り進め調査します。
 

 
半日がかりの作業の末、全ポイントを計測し調査を終えました。 これで安心して基礎工事に取り掛かることができます。
 

 

2022.5.6fri

「casaT」の現場にて地鎮祭を執り行いました。
 

 
春の日差しが心地いい季節☀
神主さんの祝詞が響き渡り厳かに式が進みます。
 

 
玉串奉奠...Yちゃんも一緒にお家の完成をお祈りします^^
 

 
お施主様と一緒に私たちも、工事の無事と安全を祈願して玉串を納めます。
 

 
最後に敷地の四方をお清めして地鎮祭を終えます。
地鎮祭の後は、近隣の方へ工事開始のご挨拶に...
 

 
Tさま、本日はおめでとうございます!
基礎着工まで今しばらくお待ちください。
 

2022.4.25mon

casaTの現場では、いよいよ解体工事の日を迎えました。
 

 
工事開始前に玄関脇で咲き誇る梅の花を眺めていると、近所の方から 「今年も綺麗ですね」とお声をかけていただき、なんとも惜しい気持ちを抑えながら...
 

 
まずは家中の窓を取り外し、設備機器などの解体から始まります。
 

 
その後は、重機が入り家屋の解体を進めます。
 

 
約2週間で家屋の解体をあらかた終えると、まだ梅の木が残っていました。
花は見頃を終え、モリモリと葉っぱがついていました。
解体屋さんも、切ることができなかった様子です。
 

 
解体工事が完了する頃には、道路脇の桜も花が落ち、葉桜が大きく風になびいていました。
 

 
まっさらになったこの地に新たな物語が始まります。
 

2022.4.18mon

新たなものがたりの始まりです。
お施主様ご家族が長い時間を過ごされたお家の建替えのご依頼。
 

 
たくさんの思い出が詰まったお家。
数多くある建築会社の中から私たちに託してくださった想いを胸に..
 

 
市街地にありながら間近に緑を感じることのできるこの地で 新たなヒトトキの物語がはじまります。
 
オフィスでは、プロジェクト開始に向けて設計図面を確認しながら 居心地の良い空間をカタチに...ミーティングが進みます。
 
Newプロジェクト 「casaT」
いよいよ解体工事がはじまります。