家づくりの記録
 

二つ屋根の家 

 
 
 

宮崎市

2021.4完成

 

2021.5.14fri

二つ屋根の家、いよいよお引き渡しの日がきました。
 
 
 
オーナー様に初めて見学会でお会いした時のことから
今日までのたくさんの思い出がよみがえり、完成した喜びとともに
胸が熱くなる気持ちを抑えながら...
 

 
現場担当Kさんより、設備機器など取扱いについて説明が始まります。
 

 

 
完成したお家を眺めながら...
 

 

 
最後にお施主様より素敵なプレゼントをいただきました😭
Yさま、たくさんの思い出ありがとうございました。
 

 
開放的なのに落ち着く空間...
たくさん想いのこもったお家でゆっくりとした時間をお過ごしください。
 

 

2021.5.10mon

完成お披露目も無事終えた「二つ屋根の家」の現場。
お引き渡し前の最後の「儀式」磨きを行いました。
 

 
これからの季節、特に大活躍のウッドデッキ。
バーベキューしたりお庭の木々を眺めたり...
 

 
オーナー様がこれから長い時間を過ごされるお家。
どんな生活が始まるのかな。。
ここに座ってお庭を眺めるかな?
などなど想像しながら...隅々まで磨いていきます。
 

 
肌触りの良い無垢の床、素足で触れるこの床も丁寧に磨いていきます。
 

 
キッチンなどの設備機器も試運転しながらチェックします✨
 

 
各担当に分かれて隅々までチェックし磨き上げていきます。
最後は、オーナー様との出会いからお家の完成までを振り返りながら...
 

 
いよいよ二つ屋根の家は、お引き渡しを迎えます。
 
 

2021.4.16fri

フォレストの家づくりは、建物だけではなく
駐車スペースや外構工事、植栽計画も同時にご提案しています。



その、植栽計画の1本1本の樹を選ぶことも重要な要素です。
なんの目的で、何の木をどの位置に配置して、その目的を果たすか?
木々の特徴やボリューム感、樹形や枝ぶり,四季の変化なども考慮すると難しさは極まります。
 
 
二つ屋根の家の現場では、最終工程の外構、植栽計画へと進んでいます。 
緩やかに弧を描く二つの枠組みが庭の重要なポイント!


 
ご近所さんの視線を考え、ウッドフェンスで仕切る計画。
 


毎日の暮らしを楽しくする回遊テラスも完成へ。
 


その数日後、弧を描くウッドフェンス。芝と砂利を見切るラインも完成。
そして、最後の植栽計画となります。
 


植栽のボリューム感や、枝ぶりも微調整しながら鑑賞を楽しむ。
 


木々の根本には、可愛い苔や下草でシンプルに整えました。
そのまわりを、全体が引き立つよう黒砂利で引き締めています。



完成を待ち切れず、メインの窓から庭を見ると、こんな感じです。
『う~ん。。。画像ではうまく伝わらないな~』
 


作業は日没まで続く、照明計画も確認しながらの作業です。



いよいよ完成ですが、さらにひと味のスパイスを加えます!!



フォレストの家、そして庭づくり。完成をお楽しみに~♪

toku.

2021.4.14wed

建物が完成へと近づくとフォレストの外構工事が始まります。
敷地と建物の融合。今回はどんな完成、どんな感動が生まれるのか楽しみです。
  


そんな中、建物内部ではスタッフ恒例の儀式 『磨き』 が行われました。



隅から隅まで、1つ1つ丁寧に丁寧に磨き上げられます。
本物の木の家は、磨けば磨くほど美しくなる!ことを知っているからこそ、本気で磨きます!
逆に、一般的な家のクロスや化粧合板などは、磨けば磨くほど、剥がれます・・・これが、住まいの価値の違いです。
その価値の違いは、今後 何年、何十年でいろんな形として現われてきます。
   

  
人も住まいも、心から磨くことで、本物の美しさに出会えると思います。
完成までに何度も何度も磨き込まれた木の家は、きっと住まい手さんを魅了することでしょう。
  

  
完成まで、あともう少しです。
  
toku.

2021.4.13tue

内部工事も最終段階へ進んだ『二つ屋根の家』。
大工さんによる造作工事も着々と進んでいます!
 

 
大工工事も残り僅か。。。
何度も微調整を繰り返しながら最後まで丁寧な作業が続きます。
 

 
日々、様々な仕上げが行われている現場。
ほんの一例ではありますが・・・
洗面家具の取付け工事。
 

 
取付後はタイル張りの工事へと。
モザイクタイルのカットから張り合わせまで繊細な作業となりました。
 

 
小上がりの和室には塗り壁の仕上げを行います。
 

 

 
下塗り後の仕上げでは独特の風合いとなる特殊な工法を行います。
仕上がりがとても楽しみなところです!
 
内部工事も一通り終えたところで完了検査も行われました。
設計図通りの工事が行われてるか隈なく検査されます。。
 

 
検査後は無事、適合の判定を頂きました!
 

 
完成間近となった『二つ屋根の家』。
このあと外構工事・植栽仕上げで現場は最高潮を迎えます!
 

 
koyamada
 
 

2021.3.23thu

『二つ屋根の家』の現場ではいよいよ外部の仕上げ工事が行われました。
 
仕上げ材にはガルバリウム鋼板。
縦のラインが繊細な小波の銀黒を採用しています。
 
施工は現場に合わせ採寸からカットを行います。
下から上まで継ぎ目なしの1枚板を慎重に運び入れ・・・
 


窓・庇などの細かい部分は現場に合わせてカットし1枚1枚丁寧に張っていきます。
 

 
全体的に張られると中庭の雰囲気も一段と増してきました!
ガルバ施工完了です!
 

 
施工後はサッシ廻り・軒天の取合いなどシーリング工事を施します。
 

 
現在、軒天の塗装工事進行中です!
少しずつ建物に色が入ってきた『2つ屋根の家』
仕上がりが楽しみです!
 

 
このあと外壁の洗浄後、いよいよ足場の解体へと進みます!
 

 
内部の方でも職人技の光る仕上げ工事が着々と進んでいます

浮造りの床板張り
 

 
カウンター造作
 

 
引き続き大工さんによる内部造作・設備等の総仕上げへと進みます!
現場は最終段階へ向け邁進中です💨
 
 
koyamada
 

2021.3.4thu

内部工事も着々と進んでいます『二つ屋根の家』。
 
壁の仕上げでは内装モイスを施工しています。
調湿効果、消臭効果などある天然素材の壁材となります。
 

 
フォレストの家では柱・梁を見せる真壁造り。
さらにクロス貼りの住宅とは異なりモイス自体が化粧材となります。
 
柱と梁の内側に合わせカットした後、ペーパーで幾度も擦り合わせ隙間なく納めていきます。
大工さんにとっては難易度の高い工程となります!
 

 
微調整を繰り返しながら一日に張れる枚数は8~10枚程。
 

 
一枚一枚、丁寧に張り進めらていきます。
 

 
微調整を繰り返しながら今回使用したモイス100枚程。
大工さんの職人技・想いにより少しずつ丁寧に仕上がっています。
 

 
引き続き、内部の床仕上げ・外部のガルバ仕上げに進む『二つ屋根の家』。
日々変化を楽しみに集中していきます!
 
 
koyamada
 
 
順調に工事が進む「二つ屋根の家」の現場。
木製サッシの取付け工事が行われたその頃..
フォレスト恒例の「磨き」が行われました。
 

 
まずは建物を隅々まで見ながら、大工さんの手仕事の素晴らしさを
堪能します✨ (磨きは私の密かな楽しみでもあります ^ ^)


 
目の前の柱や梁を磨きながら、空間のイメージを妄想していると
お施主様のお顔が頭に浮かんできます。
 
自然と磨く手に力が入り、また無心で磨きます。
 

 
磨くほどに美しくなる木の家、美しさを追い求めて..
 
 

2021.2.2tue

 
外部では屋根・壁の耐力面材のモイス張りを完了した『二つ屋根の家』。
 
完了後、早速、第三者機関JIOによる躯体検査を行います。
まずは外回りの防水状況から。
 

 
外部から内部へ
金物状況・釘のピッチなど規定通りの施工が行われているか細かく検査して頂きました。
 

 
結果は指摘事項もなく無事、適合の判定を受けております!
 
続いて待ちに待った木製サッシがようやく到着です!
アメリカのミネソタ州で制作され発注から約3か月程の旅路を経ての納入となりました。
 

 
大小さまざまな木製サッシ。
計画された所定の位置でそれぞれの役割を担っています。
 

 
搬入後は早速、取付けを開始します!
 

 
この木製サッシの窓にはアルゴンガス入りのLOW-Eペアガラスを採用しております。
冬場には太陽の光をお部屋に取り込み、夏場には光を遮ってくれる優れものとなっています。
 

 
無事すべてのサッシが所定の位置へ取り付けられました!
 

 

 
トータルバランスで外構計画から植栽計画まで行うフォレストの家。
完成後の窓から見える中庭がどのように彩られるのか今後が楽しみです!
 

 
koyamada
 

2021.1.13wed

 
建て方後、着々と進んでおります『二つ屋根の家』。
 
建物最上部では屋根工事が行われました。
屋根材にはガルバリウム鋼板の立平葺きを採用してます。
 

 
長い物で10m超える継ぎ目のない材料を一枚一枚、丁寧に張り合わせていきます。艶消しのブラック色がいい感じです。。
 

 
屋根板金、ほどなく完了!
非常にきれいな仕上がりとなりました。
 

 
続いては外壁のモイス張りへと進みます。
モイスTMは通常の筋交いに代わる耐力面材となり。。。
 

 
壁全体に張ることで耐震性に非常に強い建物にしてくれます!
また耐震性以外にも防音性・断熱性・防火性にも優れた多機能な面材となっています。
 
1枚辺りの重量30㎏近いモイス。
建物上部の施工は危険を伴う体力勝負。。
それに付け加え寒波の襲来で非常に寒い中、笑顔で施工してくださった棟梁に感謝です。。。
 

 

 
モイス施工後はタイベックシート(一枚目の透湿シート)も張り雨風から完全に守られた『二つ屋根の家』。
このあと、第三者機関による躯体検査とサッシの搬入へと進みます!
 
 
koyamada
 

2020.12.19sat

 
12月吉日、建て方工事が行われました。
 
頭の中で想像していたこと、心の中に秘めていた想いが
体の中から表れ、形となって現れる日。
 

 
土地探しからプランニングをお任せいただき
「全力で建築愛を注いでください!!」
と言ってくださった、お施主様の期待に応えたい...
 

 
現場の指揮を執る小山田さん、大工さんの連携プレーにより
スムーズに工事は進みます。
 

 
足場が組まれ巨大な舞台セットのようです👀


 
クレーン屋さんが梁材をピンポイントで大工さんにパス!
大工さん×クレーン屋さんの連携も絶妙です。
 

 

 
大工さんの打つ掛矢の音が心地よく響きます✨


 
柱と梁が碁盤目状にしっかり組まれ、強固な構造体ができました。
 

 

 
天井が組まれたところで、午前の部終了です。
 
お昼はお施主様よりご用意いただいた
スタミナ満点のお弁当とできたての豚汁をいただきます!
豚汁が体と心に沁みました。ごちそうさまでした^^
 

 
お昼休憩を挟んで午後の部です!
 

 

 
プロジェクトのタイトル「二つの屋根」美しい勾配です。
 

 
夕方、屋根工事も進みお施主様も最後を見届けます。
 

 
ルーフィング、タイベックシート+ブルーシートで
丁寧に建物を包み、雨水の侵入を防ぎます。
 

 
細かいところまで隙間なく丁寧に...
無事上棟です!!
 

 
Yさま、早朝から駆けつけていただきありがとうございました。
上棟おめでとうございます!
 
 

2020.12.17thu

 
基礎工事が完了した『二つ屋根の家』
建て方に向けて準備が進みます!
 
今回、構造材で使用する木材の番付けを行うためプレカット工場へ行ってきました。
 

 
番付け作業では柱・梁の1本1本の四面をじっくりと見定め化粧として見える部分を選定します。  
化粧面を決めたら空間を想像しながら建物のどの位置に配置するか決め番号を振っていきます。
 

 
一棟分の番付けを終えるとプレカット工場で加工され建て方での再会となります!
 

 
続いて、現場の方では土台敷き・パネル敷き行い建て方へと備えます。
 

 
土台と基礎をがっちり緊結した後、碁盤目状に大引き材が組まれます。
 

 
床断熱はめ込み状況。
 

 
床パネル敷き状況。



熟練の大工さん達によりスムーズに土台敷きの全工程が完了です!
最後にしっかりと床の養生シートを貼り雨・露対策を施します。
 

 

 
後日、構造材搬入・仮設の足場を組み。
いよいよ建て方当日を迎えます!
 
koyamada
 

2020.12.6sun

 
いよいよ「二つ屋根の家」本格的に始動しました。
盛土工事、地盤調査など様々な下準備を終え基礎着工です!
 
まずは工事前に基礎屋さんと建物配置・GLの確認を入念に行います。
 


早速、遣り方を基準に床掘からスタート!
砕石を敷き均し十分な転圧をしていきます。
 

 
砕石転圧後は防湿シートを敷き配筋作業へ。
 

 
配筋工事は配筋のピッチ・継ぎ手・定着長さ等々、設計通りに正確に組み上げていきます。
設計通り組まれることで基礎の十分な強度が得られる重要な工程となるため、
基礎屋さんにも熱が入ります!
 

 

 
コンクリート打設前には第三者機関による配筋検査を行います。
今回も隈なく検査していただきました。
 

 
検査後はベースのコンクリート打設から行います。
バケットで所定の位置へコンクリートを流し込み・バイブレーター・
タッピング・コテ均しと丁寧に進められていきます。
 

 
打設後、十分な養生期間を得てガッチリとした強靭な基礎の完成となりました!
 

 

 
koyamada
 
 

2020.11.4wed

 
地鎮祭を終えた現場では、基礎工事前に様々な工事が進んでいます。
 

 
まずは、盛り土工事
敷地に少し高低差があったので土を入れ均一にならします。
 

 
道路標識の移設
お家の配置に対し車の出入りが難しかったため
警察の方々にご協力いただき、標識の位置を少しずらしていただきました。
 

 
電柱の移設
黄色いシートに丁寧に養生された新しい電柱が立ち
ただいま古い電柱を撤去中です。
 

 
その最中の、雨の中の地盤調査。
 
地盤の専門家が慎重にデータをとっていました。
結果は後日...待ち遠しいです...
 

 
基礎工事に向けて、着々と準備が進んでいます。
 

2020.10.6tue

 
10月吉日、Y様邸の地鎮祭を執り行いました。
 

 
お施主様のご両親にも駆けつけていただき
爽やかな秋風を感じながら、地鎮祭がはじまります。
 

 
「フォレストのお家は、解放的なのに、すごく落ち着く」
と絶賛してくださったお施主様。
土地から提案させていただき、今日に至ります。
 

 
玉串をお供えして、工事の安全をお祈りします。
 

 
地鎮祭は滞りなく進み、最後に敷地の四方をお清めします。
 
塩、米、酒、水...順番どれからだっけ??
厳かな式の後、場が和みます^^
 
地鎮祭の後は、近隣の皆さまにご挨拶に...
 

 
Y様、本日はおめでとうございます。
来月の着工に向けて準備を進めて参ります。