家づくりの記録
 

T-family

 
 
 

宮崎市

2020.5完成

 

2020.5.28thu

 
お引渡しに備え、
磨き込まれた無垢板のダイニングテーブルが入ります。
ついつい触りたくなるサイドライン!
 


T様邸のお引渡し
現場担当者からキメ細かな取扱説明や、注意事項等々をご説明。
工事期間中は超マジメなU山先輩も、ここに来て肩の荷が軽くなったのか?
終始リラックスモードです。
 


保証内容等のご説明を最後に終えて・・・
 


このあと、恒例のようなお引渡し式がはじまりますが・・
お子さんがこのシミジミなシーンを察してか?
逆に、盛り上げてくれます🎶
 


出会いから今日までを振り返りながら・・
これから、住まい手さんと一緒にフォレストの木の家を育てていきたいと思います。
 


毎日が別荘気分、
まるで、森の中で食事するような暮らし・・・
森のテラス!、始まりです。
 

 


つづきは、完成写真をおたのしみに。。
toku.
 

2020.5.25mon

 

営業活動や販売活動にエネルギーを注ぐのではなく、
目の前の1棟に、全エネルギーを注ぐ!
それが、フォレストの考えです。
 


清武町加納の現場に集結したフォレストメンバー!
本日は、お引渡し前の『最後の磨き』となります。
 

 
各自、最終的な点検確認等を行っていきます。
その後、天井から壁や床 外部までの磨き込みです。
 


完成まで何度も磨かれた木の家は、とても美しい!
さらに磨き込まれる、深い美しさ!
そこには終わりが無いような気がします。

自分自身がどんどん細かくなっていくような。。。
 

 
床下にも掃除機とハケを持ち込み隅から隅まで
延々と磨きは続く。
同じ態勢で何時間も・・・
体力と精神力が必要な磨きです。
 

 


完全燃焼する頃には、
だいたいこんな時間帯でしょうか。。
 


これで、今夜はゆっくりと寝れそうです。
toku
 

2020.5.4mon

 
宮崎市清武町加納に建つ
フォレスト 2階リビングの家、完成へ
 

 
建物の完成と同時に、スタッフによる磨きが行われます。
上棟から何度も磨き込まれた木の家は、とても美しい!!
 

 
階段を上がると、最初に飛び込んでくる森の風景。
 


カーテン不要の暮らし!
ここが加納とは思えないほど、森が近くに寄り添っている。
別荘??山荘??。。。
そんな居心地を楽しませてくれます。
そしてキッチンに立つと、
鰐塚山まで見渡せる自然の風景が広がります。

フォレスト仕様のダイニングテーブルに、
真鍮のペンダントライト
 

 
洗面スペースも美しく磨かれています。
 

 
その後日、お施主さまとご両親へ 
お披露目会を行いました。
 

 
当日は、雨模様で鰐塚山までは見えませんでしたが
キッチン、ダイニング リビング 書斎 3畳のタタミコーナー
 
座る場所で異なる窓の外の風景を愉しんで下さいました。

あと、
お引渡しまで、もう1つ。。
toku.
 
 

2020.5.3sun

 
玄関に取り付けられた、真鍮のマリンライト! 
 

 
塗り壁と木製ドア、そして真鍮。。 
この質感がとても美しい!!



現場は外構工事へと突入しました! 
 


玄関の前に、ウッドデッキで階段をつくりました。 
 


『なんか?オシャレなお店みたいになってきましたね~』
とご近所さんの声が聞こえてきますが、お店ではないのです。
 


ポイントに植栽計画。


 

このあと、アプローチ等の照明を仕込んでひと工夫していきます。
完成が楽しみです♪♪
 
 

2020.5.2sat

 
ブルーの外壁(ガルバ)工事を終えて
足場も外れました。


 
玄関部分にアクセントをつけるため
特殊な塗り壁をご提案!


 
下塗り施工 クラック(ヒビ割れ)防止の施工


 
2回目塗り、3回目と塗り重ねることで 独特の風合い色合いを演出。。
そして、室内のタタミコーナーも、 深い色合いを求めて、
 
 

 

 
吹き付け工事を行っています。
このあとの完成が楽しみです。
その後にフォレストオリジナルの木製キッチンが組み立てられました。


  
現場は、着実に完成へと進んで行きます。 
 
 

2020.3.24tue

 
T-familyの現場
 


現場近くに新たな分譲地が動き出しました。
 


建物内では、棟梁がモイスの壁を1枚1枚丁寧に施工し張っていく作業
 


そして、フォレスト標準の木製のサッシも取り付けられ
ネット越にうっすらと風景が望めます。
 


2階リビングのタタミコーナーからご近所さんのお庭のジャカランダの花が見下ろせます。
 


南側の3連の窓から加納の風景や山並みが見渡せます。
 


そして、バルコニーの特注の窓からは森が飛び込んできます。
それは、次回のお楽しみ♪  
toku
 
◆フォレスト標準の木製サッシとは、
 

2020.3.12thu

 
上棟後も順調に進む、T様邸の現場。
 

 
棟梁の大工さんは、
建物全体に耐力壁のモイスを張り、建物全体を防湿シートで覆います。
 


建物外部のモイスの役割は、
耐震性と耐火、そして気密と断熱、壁内の調湿性
優れものの壁を建物全体に施工していきます。
その後、一回目の防湿シートで建物全体を覆います。
 


屋根の上ではガルバ職人さんが1枚1枚丁寧に屋根を仕上げて行きます。
 


二階リビングと繋がる重要なバルコニーでは、防水の職人さんが仕上げを行っています。
 


そこに、フォレストメンバーが加わって究極の磨きを行います。
 


磨きとは?
フォレストの儀式で、木の家を丁寧に丁寧に磨く事。
完成までに何度も磨いて行きます。
磨きで始まり、磨きで終わる!
完成後の木の美しさは、この磨きで決まると言っても過言ではないのです。
次回、木製サッシの搬入です。お楽しみに♪
toku
 

2020.2.6thu

 
2月吉日、宮崎市清武町加納に 
フォレストの新たな木の家が誕生しました。
 

 
雲ひとつ無い青空の下 職人集団の息の合った技の集結!
プレカット+金物工法で強固なフレームが寸分の狂いもなく着実に住まいの形となっていく
 

 
その様子を朝から楽しみに見守るご夫婦の後ろ姿。
そして、
お昼にはイメージがカタチとなり、木の香りが辺り一帯を気持ちよく癒してくれます。
 

 
周りの森と木の香りの中、お施主様の差し入れのランチタイムです。
 


そして、順調に建て方は進み 現場監督のイメージ通り、
夕方には無事 建て方を終了してブルーシートで養生します。
 


後日、上棟もちまきの様子です。
 


友人や知人の方々やご近所さん、多くの方々で賑わうもちまき。
 

 
フォレスト恒例の大抽選会!
会場は、笑いと感動 また1つ良い思い出をつくっていただきました。
これから、現場はゆっくり丁寧に進んでいきます。

T様、現場での何から何までのお気遣いに感謝しております。
 

2020.1.27mon

 
先月、地鎮祭を終えた T-family の現場が動き出しました。
 


建築場所は宮崎市清武町加納。
建物の基礎部分です、この段階では基礎専門の協力業者さんが図面をもとに丁寧に鉄筋加工して組んで行きます。
 

 
配筋が見える状態で、保証機関の配筋検査を受けます。
 

 
フォレストの木の家は柱や梁(構造)が見える造り
より美しい住まいをつくる為に、柱や梁を見極める作業を行っています。
 

 
それが番付の工程です。
プレカット工場にお任せ!でも済むことかもしれないが、
やはり造り手のエネルギーを注入してこそ、より感動する住まいが誕生すると思います。
 

 
家1棟分の構造を並べて、この柱はこの位置に!と番号を付ける作業。
 

 
集中力が求められる作業です。
プレカット工場の方や木材屋さんも立会ながらの番付
 

 
美しい木の家は、1つ1つの工程にひと手間ひと手間をかけながら進んで行きます。
次は、この柱や梁がプレカットされて現場に運ばれてきます。
再会が楽しみです。
 

2019.12.4wed

 
12月吉日、宮崎市清武町加納
T様邸の地鎮祭を執り行いました。
 

 
12月に入り急に冷え込んできました。
この日も、早朝は息が白くなる寒さで、身も心も引き締まる気持ちです。
ご両家揃っての地鎮祭の様子。。
 


建築の計画は、2階リビングです。
東側の小さな森を活かしつつ、遠くの風景をリビングやキッチンから眺める優雅な暮らし。
 


その後日、着工に向け地盤調査にも入りました。
 


T-family 今後の進捗をお楽しみに・・♪